ピアノに苦労しないで幼稚園の先生になる♪

こんにちは~

フリューゲルピアノスクール初のブログ投稿です♪

日記風にまずは第一弾!

今日のテーマは、

 

コード進行♪

 

最近楽しくて仕方ないのが・・・・

 

コード進行で演奏すること♪ を教える事、

レッスンでも知らなかった生徒さんがコードを知り、

 

え!なんて簡単なの!とびっくりさせる事(笑)

 

幼稚園の先生を目指している、Eちゃんは、

楽譜で音符が一つ増え、リズムがちょびっとでも複雑になると悲鳴を上げている。

C-G7

最初は ん???(*´Д`)

って顔でしたが

これを理解すると!

 

えーこれ便利!今まで音符一個ずつ読んでたのに、全部こんな簡単にできちゃうんだ(*ノωノ)

 

このアルファベットの意味を理解しただけで・・・伴奏のパートを理解して、弾けるスピードが10分の一くらいになってしまいました。

やったネ!(^_-)-☆

 

小さいころ、これ、私も知りたかったな~そうしたら、ジャズだってクラシックだって空を自由に飛ぶ鳥のように何だって

弾けてたかも?!

 

今はクラシックだけでなく、

ジャズも少しできるようになって幸せです♪

そしてクラシック音楽に活かせていることも!

 

JAZZとクラシック違うジャンルとして扱われていますが、オモシロイ関係なんですよ。

 

そんなフリューゲルピアノスクールには、やはり、コードを少しやっていて、クラシックも弾きたいんです!

という積極的な方たちが集まってきています。

大人になってもピアノを続けたい! という素敵な方たちばかりです♪

 

 

今度のブログでは、  

JAZZとクラシックのつながり

について教えてくれた私のドイツでの恩師キリル・ゲルシュティンについても取り上げます。

 

どうぞお楽しみに★

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA